実家から端午の節句に子供の鎧飾りを贈ってもらいました

2012-01-17 § Filed under ブログテーマ『鎧飾り』のリスト § No Comments

実家の母から、息子の五月人形を贈ってくれるとメールがありました。どんなタイプがいいのか考えていてと言われましたが、私は何がいいのかわからなくて困ってしまいました。友人たちに相談しましたが、私の周りには女の子の母親が多く、参考になる意見はもらえませんでした。仕事から帰宅した夫に尋ねると、彼の実家でも小さい頃に飾っていたきりなので、あまり覚えていないという事です。二人してネットで調べると、様々な種類の五月人形があることがわかりました。私のイメージでは兜飾りしかなかったのですが、その他に鎧飾りや端正なお人形、キャラクターを模したものまであり、大きさや値段も様々です。

始めは、夫の好きな武将にちなんだ兜飾りにしようと話していました。豪華な装飾の施された凛々しい兜は、子供が大きくなっても喜びそうです。しかし、鎧飾りの画像を見ていくうちに、夫が断然活き活きとしてきました。こういう物は男親が選んだ方が子供の好みに近いのかなと思い、彼の選んだ鎧飾りを頼む事に決めました。実家の母に連絡したところ、母も鎧飾りにしたいと思っていたと喜んでくれました。

端午の節句を前に息子の鎧飾りが届き、母と夫と一緒に気を付けながら飾りました。鎧を中心に、両側に弓と太刀を配置します。弓は魔除けとして病気や事故から守ってくれ、太刀には繁栄をもたらすという意味が込められているそうです。細部まで精巧につくられた鎧は本物の武者を思わせ、鎧の糸にも様々な色目がありとても綺麗で豪華です。今は夫が一番喜んでいますが、子供も大きくなったら気に入るだろうと思っています。

Leave a Reply